sier-engineer-pm

SI-erのエンジニアとPM

エンジニアが働く場所として多いのがSI-erですが、その業界で働くとなると、将来もっと年を重ねたときのことを考えると、PM、プロジェクトマネージャーを目指すのが妥当な線、だとは言われますね。
では実際にPMになるとどのような業務を行うことになるのか、というと、
PMはその名の通り、プロジェクトをマネージメントする立場です。プロジェクトをの統括責任者とも言えます。
プロジェクトに必要な予算、収益性の管理、プロジェクトを納期どおりに仕上げるためのスケジュール管理、プロジェクトに必要なSEやPG、協力会社などの要員の管理を行います。場合によっては、外部のベンダーを利用することもありますので、その場合はそのベンダーとの契約管理を行います。
もちろんプロジェクトの責任者としてクライアントとの窓口になります。

具体的なプログラミングなどの知識よりもむしろコミュニケーション力やマネージメント力が必要とされる立場となります。エンジニアの中には折衝や交渉ごとが苦手なエンジニアもいますが、その場合は一概にPMを目指すのがよいとは言えないですね。

やはり自分の適性に合っているのかどうかなども考慮する必要があります。ただし年齢を重ねるにつれてリーダー的な動きを求められることは多くなります。そのため、若いころから少しずつ経験を積んでいくということは忘れないようにしてください。