tenshokuseikou

エンジニアの転職を見事成功させるために

SEとして転職をしたい、しかもこのエリアで・・・など、希望の転職を実現させるのに、「少しでも条件の良い求人先を見つけたい」と思うのは当然です。じゃあその通りにことが進むのか、というと実際のところそうそう簡単に転職活動が進むものでもなく、満足できる転職ができるエンジニアは多くありません。

満足いく転職が難しい理由としてはやはり、自分で転職をするとなると『リソース』が足りないことになってしまうから。

リソースとは、時間や体力、また情報で、そうしたものが足りないということで
(1)求人情報を探す時間足りない
(2)気になる求人情報があって詳細を調べる時間がない、面接調整ができない
(3)情報量が少なく、良い求人を見つけられない

という結果になってしまいます。

転職活動をする上でネックとなるのは、『SEの業務に忙しいため転職活動を行おうと思っても、進まない』ということでしょう。そのため、良さそうな求人があってもそれについて調べることもできません。仮に転職をしたとしてもその職場が気に入らなかったら・・・

「結局今の職場から無理に動く必要もないか‥‥」と思ってしまうことも多いと思います。しかしそれは問題の先送りをしているだけだとも言えます。

自分で解決ができない問題であればだれかにサポートを求めるのも重要なことです。転職であれば、転職支援サイトでコンサルタントが転職の相談に乗ってもらえますから検討をしているのもよいでしょう。